[PR]

貧血対策で拡大「体むしばむ」

 日本陸上競技連盟は、長距離選手の貧血対策として広まっている鉄剤注射が選手の体をむしばんでいるとして、本格的な対策に取り組むことを決めた。今春からまず、高校、大学、実業団など陸上競技の協力団体や傘下の都道府県協会を通じて、鉄剤注射の危険性を警告する文書を送付。実態を把握するための調査も始める予定だ。日本陸連はこの問題が長距離・マラソンが女子を中心に低迷する大きな要因ととらえている。

 従来も選手に悪影響があることは分かっていたが、鉄剤注射が正当な医療行為になる場合もあるため、現場任せだった。しかし、「正面から鉄剤の問題に取り組まないと、女子マラソンの立て直しはできない」(尾県貢専務理事)という危機感から、強い姿勢で臨むことにした。

 背景には、駅伝人気の過熱がある。中学、高校の指導者の中には、特に女子に対して「やせれば記録が伸びる」という認識で、食事を減らし過度な練習をさせる。その結果、体内に酸素を運ぶヘモグロビン生成に必要な鉄分が減少して貧血になり、即効性のある治療法として、鉄の錠剤の内服ではなく静脈注射を安易に使う場合が多いという。

 注射は、錠剤を口から取れない場合に限り使用するのが正しい用法だ。静脈から大量に入ると逆に「鉄過剰」となり、肝臓や心臓など内臓に沈着して機能障害を起こす恐れがある。日本陸連は10日に開いた貧血に関する指導者やトレーナー向けセミナーで「体調不良とか成績が思い通りでないというだけで鉄はうってはいけない」と呼びかけた。

 注射の広まりに関する正確なデ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら