[PR]

 熊本を襲った一連の地震は、多くの尊い命を奪った。そんな中、新たに生まれてくる命がある。たくさんの人に助けられて我が子を抱いた母親は「感謝を忘れず、強く生きて」と願いを込める。

 東京都目黒区の会社員岩城由香梨さん(27)は熊本市南区の出身。故郷で出産しようと2月に実家に戻り、4月21日の予定日に備えていた。

 14日午後9時26分。突然襲った震度6弱の強い揺れに、寝室のテレビやパソコンが落ちた。ベッドに座って妹と4歳のめいとおしゃべりをしていた岩城さんは、とっさに前かがみになり、おなかをかばった。庭にとめてあった車の中で朝を待ったが、15日午前2時ごろ、徐々におなかがはってきた。陣痛が始まった。

 母親の大川久美さん(57)が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら