[PR]

 奈良・東大寺境内で、かつて七重塔として威容を誇った東塔(とうとう)の創建時(奈良時代)の基壇(きだん)が見つかった。寺などが22日発表した。塔は兵火で焼かれたため、鎌倉時代に規模を大きくして再建されたが、当初の基壇を壊さずに保存したらしい。

 大仏殿の南東と南西に750~60年代ごろ、それぞれ東塔と西塔(さいとう)が建立された。高さは70メートルとも100メートルとも伝えられる。東塔は平安時代末に平氏の焼き打ちに遭い、1227年に再建されたものの1362年に落雷で焼失。西塔は934年に焼けた。

 寺と奈良文化財研究所、奈良県立橿原考古学研究所は昨秋、一辺約27メートルの鎌倉時代の基壇を確認。国内最大級の塔だった可能性のあることがわかった。今回、その下部で、創建時の基壇の東側階段の一部や、七重塔を意味するとみられる「七」の文字を刻んだ鎌倉時代の瓦が出土。寺の橋村公英・庶務執事は「(寺を建立した)聖武(しょうむ)天皇の願いがこもった天平伽藍(がらん)を、できるだけ守り伝えようと考えたのでは」とみる。

 現場はすでに埋め戻されており、速報展が29日~5月13日、境内の東大寺ミュージアム(0742・20・5511)で開かれる。中学生以上500円、小学生300円。(栗田優美)