[PR]

 「おそ松ロス」に浸る間もなく、「2016年クライシス」の気配もないまま、春のアニメ新番組の季節がやって参りました。地上波とBSで見られる新番組は50本前後。「セカンドシーズン」とか「第3期」とかを加えると60本くらいになりそうですが、細かいことは気にしません。酔っ払いですから。片手にペン、片手に酒、寝落ちするまで感想を書き散らす、恒例のアニメ新番組酔いどれ視聴。ではそのノートをのぞいてみましょうか。

 「今度のマクロスはプリキュアと戦隊が合体するのか 合体するんだな」「じゅうかん!」「今の女子高生はゲーセンでレースゲームすんのか? 昔の女子高生が見るアニメだからいいのか」「海上学園都市へ主人公がやって来るという冒頭を見て、ちっちゃな子がベタベタしてきてタカビーな生徒会長と決闘する!という展開までは予想できたが病弱妹と巨乳ナースの出現は読めなかったオレはまだまだだな」「攻殻→サイコパス→ジョーカー・ゲームで同じ箱に入れていいのか」「双星の錬金術師!」「依頼人の来ない探偵事務所で6人がダラダラしたりツッコミ入れたりする『文豪さん』か」「ゆめ……おそろしい子!」「多幸感いっぱいの不幸少女! 『よかった探し』最新バージョンか」「おっさんが男の子の頭をポンポンするカットを見ただけで息子(中3)は『BLか』と言って出ていったでござる」「大地さんか! ぜんぶダバ絵か!」「はるかぜさんチームで戦艦道だ!」

 えー、毎度のことながらロクなことを書いていませんが、酔っ払いのしたことなので見逃して下さい。

 私の注目作は「甲鉄城のカバネ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら