[PR]

 国内で野生化して生態系に影響を与えているおそれがあるアカミミガメ(ミドリガメ)について、環境省は22日、国内に約800万匹が生息するとの推計を発表した。今後の駆除事業などの基礎データとして活用する。

 環境省は北海道と沖縄県などを除く全国各地で、1平方キロメートルごとにカメがすみやすい環境がどのくらいあるのかや、過去の捕獲調査などから割り出した生息密度をもとに個体数を解析。甲羅の長さが10センチ以下の子ガメを除き、全国に約790万匹のミドリガメが生息するとした。

 この数字は日本在来のニホンイシガメの個体数の約8倍に上る数。ミドリガメは水草などを食べることから、生態系に深刻な影響を与えている可能性があるという。飼いきれずに野外に捨てられたり、捨てられたカメが繁殖したりしたことで増えたとみられる。

 環境省は、飼育や販売が原則禁止される特定外来生物にミドリガメを指定する方針で、今後も駆除などの対策を進める。ただ、特定外来生物の指定前から飼っている場合は飼い続けられるため、「カメは捨てずに最後まで世話してほしい」と呼びかける。(小坪遊