【動画】工事中の新名神高速道路の橋桁が、国道176号に落下する瞬間=読者提供、熊倉隆広撮影
[PR]

 22日午後4時20分ごろ、神戸市北区道場町平田で、延伸工事中の新名神高速道路の鋼鉄製橋桁(長さ約120メートル、重さ約1350トン)が、約15メートル下の国道176号に落下した。神戸市消防局によると、橋桁の下敷きになるなどして男性作業員2人が死亡、8人が重軽傷を負った。兵庫県警は業務上過失致死傷容疑も視野に詳しい原因を調べる。

 現場は中国道と山陽道が分岐する神戸ジャンクション(JCT)の東側。兵庫県警有馬署や西日本高速道路(NEXCO西日本)関西支社によると、有馬川と川の西側に沿って走る国道176号を東西にまたぐ架橋作業中だった。橋桁は上り車線と下り車線がそれぞれ独立して設けられ、上り車線の橋桁が落ちた。

 有馬署によると、死亡したのは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら