[PR]

 トヨタ自動車は、コンセントから充電できる「プラグインハイブリッド車(PHV)」を2018年から中国市場でも販売する。24日、発表した。中国でのPHV生産もめざす。現地生産や購入補助によって価格を下げ、世界最大市場での販売増をねらう。

 25日に始まる北京モーターショーを前にトヨタが発表会を開いた。「カローラ」「レビン」の2車種でPHVを導入するという。2車種は昨秋、初めて中国で基幹部品から生産したハイブリッド車(HV)が出ている。これまでに約4万台の受注を集めるなど好評だ。この技術をもとに、中国でのPHV生産に向けた準備を進める。

 トヨタのPHVは、日米欧で「プリウス」を販売しているが、生産は日本だけで担っている。中国でPHVを生産すればコストを下げられるほか、国産化などいくつかの基準を満たせば中国政府の購入補助を受けられることから、これまで実現していない海外生産に踏み切ることにした。

 トヨタは中国市場に今年、効率を高めた排気量1・2リットルのターボエンジンや、安全運転の最新技術も導入することも公表。環境と安全の技術を看板に、中国市場での存在感を増したい考えだ。(北京=斎藤徳彦)