[PR]

 東京電力福島第一原発の汚染水対策で3月末に凍結を始めた凍土壁について、東電は25日、徐々に壁の一部が凍ってきたとして「地下水を遮る効果が表れ始めている」とする観測データを原子力規制委員会の検討会に報告した。一方で地下水が地下配管に流れたと見られる場所もあり、東電は監視を続けるとしている。

 凍土壁は、1~4号機の建屋を取り囲んで作る「氷の壁」。地下30メートルまで埋め込んだ凍結管に零下30度の液体を循環させて周りの土を凍らせ、建屋に流れ込む地下水を遮るのが狙い。規制委は、凍土壁を一気に凍らせず、段階的に凍らせる運用で計画を認めていた。

 検討会で東電は、凍結管の内外で地下水位差が広がり、地中温度も低下していることから、部分的に氷の壁ができつつあるとの認識を示した。凍結範囲を広げられるか判断するための海側の凍結状況は途中段階で、規制委はまだ観測が必要との見方を示した。