[PR]

 東京・渋谷の不動産売買をめぐり、架空の費用を計上して所得税約3800万円を脱税したとして、東京国税局が、料理研究家で韓国料理店経営会社の金徳子役員(71)と、夫の鄭(てい)孝夫役員(73)=いずれも東京都世田谷区=を所得税法違反の疑いで東京地検に告発したことがわかった。

 関係者によると、2人は2013年、金役員が渋谷区道玄坂に所有していた土地とビルを不動産会社に売る際、先に売買契約を結んだ相手がいたことにしようと計画。知人に紹介された会社とうその売買契約書を作り、契約不履行による違約金約2億5千万円を支払ったように装ってその分の所得税を免れた疑いがある。脱税した資金は現金で置いていたという。

 金役員は韓国料理研究家としてテレビなどに出演し、渋谷区内で韓国料理店を営んでいる。