[PR]

 吉野川の第十堰(ぜき)でアユが遡上(そじょう)している。上板町側の魚道では時折、5センチ前後が群れて、次々と段差を跳び越えていた。勢い余って岸へ飛び出し、見学に来ている人が、拾って魚道へ戻す光景もしばしば見られた。天候の影響で水量が増えており、水の中を潜って遡上する場面が多い。

 鳥が舞い降り、アユを狙う。吉野川第一漁協の監視員が、花火を打ち上げるもあまり効果はないようだ。すぐに戻ってくる。漁協は水が引くのを見計らって、鳥よけの網を張る予定だ。アユ漁の解禁は一部を除き6月1日から。(長谷川大彦)