【動画】チェルノブイリ原発から約10キロ。今は無人となった隣国ベラルーシのクラスノセリエ村跡を訪ねた=杉本康弘撮影
[PR]

 原子力発電所の事故としては史上最悪のチェルノブイリ原発事故から、26日未明で30年を迎えた。ウクライナ北部の同原発近くでは同日、ポロシェンコ大統領や各国の代表らが出席する追悼式典が開催される。日本政府からは山田美樹外務政務官が出席する予定。

 チェルノブイリ原発の4号炉では1986年4月26日未明、電源喪失を想定した試験中に原子炉が不安定化して爆発。事故の初期対応に当たった原発職員や消防士30人以上が死亡したほか、大量の放射性物質が、同国やベラルーシ、ロシアの一部などに降り注ぎ、周辺の13万5千人が避難したほか、大量の移住者が後に発生した。

 事故後には4号炉を封じ込める…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら