[PR]

 国産ジーンズ発祥の地とされる岡山県倉敷市児島地区の「ラーメン屋kulikara」が、鮮やかな藍色のデニムつけ麺(税込み980円)を売り出した。

 冷え性に効くとされ、漢方薬にも使われる藍のパウダーを麺に練り込んだ。ただ、茶色い豚骨スープとはどうにも色の相性が悪く、つけ麺にした。

 薬の苦みはなく、つるんとした舌触り。「デニムらしい麺を」と店主(38)は、幅11センチのデニム生地麺も開発。かむほどに味わいが出る麺となるか。