[PR]

 力を出し切った。そんな思いのあふれる爽快な笑顔だった。宝塚歌劇団入団18年目にしてトップスターになり、安定感抜群の実力派として星組を率いた北翔海莉(ほくしょう・かいり)さんが27日、大阪市内のホテルで退団会見をした。「音楽学校から宝塚で21年。芸事(げいごと)をきわめようと、やるべきことはすべてやった。ひとつの後悔もありません」と感慨をこめて話した。

 去年5月、トップに立つときに退団を見すえた。「大劇場で3作、1年半というのが、私が輝ける時間かなと」。それに、なにより次に組を背負っていく下級生を思い、たくさんチャンスが与えられるようにと願った。「あまり長く私がいても」。気づかいの人だ。

 1998年の初舞台から月、宙(そら)組を経て2012年に専科へ。ずば抜けた歌唱力、のびやかなダンス、人情味とちゃめっけあふれる確かな演技力。大きな期待を背負って育った彼女にとって、専科での3年間は試練でもあった。「いまの北翔海莉をつくるのに必要な試練だった。修業させていただいた」と謙虚に話す。

 5組すべてに出演し、宝塚の全…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも