[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの新エンブレムが決まり、大会組織委員会はさっそく、6月からエンブレムを使った公式グッズの販売を始める。大会開幕4年前からグッズを売り出すのは「異例の早さ」(組織委)といい、今夏のリオデジャネイロ五輪でさえ始まる前。早期のグッズ投入で盛り上げたい考えだ。

 「モノクロでも使いやすく、日本らしい商品にも合う」。組織委マーケティング局の幹部は新エンブレム「組市松紋(くみいちまつもん)」を歓迎する。藍色主体のシンプルなデザイン。詳細は明らかにしないが、グッズは6月下旬、エンブレムを大きくあしらった第1弾の商品を公式オンラインショップで売り出す計画だ。

 公式グッズには組織委が製造するものとライセンス商品があり、大会の招致計画では約123億円の利益確保が目標だ。組織委に入るエンブレム使用料は基本的に売り上げの5%のため、全体では2千数百億円規模の売り上げが必要だ。

 組織委によると、過去の五輪では開幕1年前からの期間にグッズの売り上げが集中し、利益の約9割を占める。組織委は「早めに売れれば収益はかなり上がる」ともくろみ、4年前からの販売を決定。今後は日本代表選手やデザイナー、タレントらと提携したり、日本の伝統工芸を生かしたりしたグッズを広く開発する方針で、ライセンス商品を製造、販売する企業は100社との契約を目指す。(阿久津篤史)