[PR]

 元プロ野球選手の清原和博被告(48)=覚醒剤取締法違反(使用など)で起訴=に覚醒剤を売ったとして、同法違反(譲渡)の罪に問われた無職小林和之被告(45)=群馬県みどり市=の初公判が27日、東京地裁であった。小林被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 小林被告の起訴内容は、昨年9月と今年1月に、群馬県太田市内のホテルや清原被告の車の中で覚醒剤計約1・8グラムを12万円で譲り渡すなどしたというもの。検察側は冒頭陳述で、小林被告が2014年8月ごろから清原被告の注文を受けて覚醒剤を譲り渡していた、と指摘した。

 公判では、検察側が清原被告の供述調書を読み上げた。調書によると、清原被告は小林被告に電話で、「ありますか。じゃあ一つお願いします」などと注文していた。「以前から買っていたので、これだけで話が通じた」といい、購入後はホテルの部屋で腕に注射するなどして覚醒剤を使用していたという。

 一方の小林被告は、供述調書の中で「自分は清原さんの信者。清原さん相手にもうけようとは思っていなかった」と述べていた。この日の被告人質問でも、小林被告は仕入れた額と同額で清原被告に譲り渡していたと供述。だが覚醒剤の仕入れ元について弁護人から問われると、「言うのは怖い」として、詳細を明かさなかった。

 清原被告の初公判は、5月17日に東京地裁で開かれる予定。