[PR]

 任天堂は28日、子会社の米国任天堂が持つ米大リーグ球団シアトル・マリナーズの所有権の大半を売却すると発表した。所有権の一部は持ち続けるが、事実上球団の経営から撤退する。売却額は数百億円とみられ、任天堂はこの一部を、ゲームのキャラクターを使う新規事業などに充てる考えだ。

 マリナーズは、西海岸のシアトルに本拠地を置き、イチロー選手や佐々木主浩選手が在籍したことで、日本でも知名度が高い。今は岩隈久志選手と青木宣親選手が所属している。

 米国任天堂は球団の筆頭オーナーで、所有権の過半数を持つ。このうち大半をマリナーズの他のオーナーたちに売却し、持ち分比率を10%に引き下げる。大リーグ機構の承認が必要なため、売却は8月以降になる見通しだ。

 売却額は公表していないが、球団の所有権全体の評価額は14億ドル(約1500億円)にのぼるため、数百億円規模とみられる。

 任天堂は「マリオ」などのゲームキャラクターを経営に生かそうと、テーマパークのアトラクション開発などに乗り出している。売却で得た資金も、こうした新規事業に振り向ける方針だ。

 任天堂と球団との関係が深まったのは1992年。創業家出身だった当時の山内溥(ひろし)社長が個人で所有権を買い、筆頭オーナーになった。球団の身売りを心配したシアトルの有力者たちが、任天堂に支援を求めたことがきっかけだった。山内氏は2004年に所有権を米国任天堂に譲渡し、13年に85歳で死去した。

 会社側によると、山内氏は将来は球団の所有権を地元の有力者に譲る意向を任天堂に伝えていた。今回、米国任天堂出身で、買収当初から携わってきた球団のリンカーン会長兼最高経営責任者(76)が退任する意向を示したため、所有権を売ることを決めたという。(山村哲史、西村宏治