[PR]

 三菱自動車の燃費偽装問題で、国土交通省は28日、燃費試験データ改ざんがあった軽自動車4車種を含め、現在販売中の同社製全13車種について、国自ら走行試験で必要なデータを測定し、燃費試験をやり直すと発表した。4車種の正しい燃費値は6月中にも公表する方針だ。

 燃費性能に影響を与えるタイヤと路面の摩擦による抵抗や空気抵抗の値は、メーカーが走行試験で測り、燃費試験を行う国交省の外郭団体「自動車技術総合機構」に報告する仕組みだ。

 しかし今回、三菱自が「eKワゴン」など4車種で、燃費値が実際よりも良くなるよう走行試験結果を改ざんして報告したことや、4車種を含む多くの車種で長年にわたり違法な方法で測定していたことがわかった。

 国自らが走行試験を行うのは極めて異例。石井啓一国交相は28日午前の会見で、「メーカーから出された走行抵抗値を信頼してきたが、三菱自はその信頼を損ねた。国自らがしっかりと測定することにした」と説明。三菱自の不正行為については「国の自動車審査の信頼性を根本から損なうもので、断じて許すことができない」と強く非難した。

 4車種については、同機構が5月2日から走行試験を始める。得られたデータを基に、台上で燃費と排ガスの測定試験をやり直し、6月中にも正しい燃費値を公表する。他の9車種も引き続いて試験をやり直す。(中田絢子

こんなニュースも