[PR]

 自民党の稲田朋美政調会長は28日午前、東京・九段北の靖国神社に参拝した。サンフランシスコ講和条約が発効し、連合国の占領から脱した「主権回復の日」に合わせた。

 稲田氏は、自らが会長を務める「伝統と創造の会」の高鳥修一内閣府副大臣ら自民党の衆参10議員とともに参拝。「祖国のために命を捧げた方々に感謝と敬意と追悼の気持ちをもって参拝した。参拝は国民一人一人の心の問題だ」と記者団に語った。

こんなニュースも