[PR]

 「深夜枠を中心に週に20本以上『アニメ』を視聴しておくこと。受講の前提です」。そんなノルマを学生に課した近畿大のシラバス(授業計画)がこの春、ネットニュースに取り上げられ、SNSなどで「うらやましい」「ハードル高すぎ」と注目を集めた。学生に何を期待してこんな条件を出したのか。担当の同大学講師、町口哲生さんに聞いた。

 話題になったのは文芸学部2年生が対象の「映像・芸術論1」の講義。「授業時間外に必要な学修」として、週に20本以上のテレビアニメの視聴と月10冊以上の読書、インターネットやSNS活用の習熟などを求めている。

 15回の講義で「セカイ系」「聖地巡礼」「腐女子(ふじょし)文化」など様々なキーワードに注目し、「機動戦士ガンダム」「新世紀エヴァンゲリオン」といった往年の名作や「デュラララ!!」「輪(まわ)るピングドラム」「PSYCHO-PASS サイコパス」といった近年の話題作を分析していく。

 文芸評論家として執筆活動もしている町口さんは、「人気のあるアニメの多くは独自の世界観を持っていますが、各作品がアニメ全体のなかでどう位置づけられ、どこに独創性があるのかは、とにかくたくさんの作品を見てみないと分からない。週10本では物足りず、15~20本ぐらいが適切でしょう」と強調する。

 週20本のアニメというと、単…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら