[PR]

 ロシアのラブロフ外相は5月31日、北方領土問題について「我々は島を日本に返さない」「第2次大戦で島が(ソ連に)移り、歴史にピリオドが打たれた」と述べ、日本はまず第2次大戦の結果を受け入れるべきだ、という従来の主張を繰り返した。

 ラブロフ氏はこの日、モスクワで新聞社主催の読者などから質問を受ける催しに参加。クリル諸島(千島列島と北方領土のロシア側呼称)を日本に返すのかを問われ、「そうした必要はないし、するつもりもない。我々が平和条約を結んでくれと日本に頼んでいるわけではない」と述べた。

 また、日本とソ連の国交を回復させた1956年の日ソ共同宣言について「平和条約締結後に初めて歯舞(はぼまい)と色丹(しこたん)を日本に引き渡す問題について検討できると書いてある」とも述べ、二島の引き渡しが平和条約締結後の課題だという考えも示した。

 ロシアのプーチン大統領は5月、平和条約締結問題の文脈の中で日本と領土問題についても話し合う考えを表明したが、ラブロフ氏の発言は、今後の話し合いでもロシアの基本的な立場に変更はないことを強調する狙いとみられる。(モスクワ=駒木明義