[PR]

 早く戻ってきて――。熊本地震の「本震」で崩れた大量の土砂が、熊本県南阿蘇村で懸命に続けられてきた熊本学園大4年、大和晃(ひかる)さん(22)=同県阿蘇市=の捜索の手を阻んだ。家族は安否がわからないままの息子を案じるが、陸上からの捜索再開の見通しは立たない。

 「今は何も考えられんね。早く手元に戻ってきてほしいという思いだけ」

 陸上での捜索中止が決まると、大和さんの父親の卓也さん(58)は、阿蘇市の自宅で言葉を絞り出した。

 1日昼、熊本県警と県の5人が自宅に来て、重機や人による捜索は終えると告げられた。カメラやヘリコプターで監視は続けるとも説明されたが、事実上、捜索は終わりだと感じ、ショックを隠せなかった。

 大和さんは4月16日未明の「本震」の際、友人宅から乗用車で帰宅するため阿蘇大橋周辺を通行中、土砂に巻き込まれたとみられている。本震の約10分後に卓也さんが携帯に電話したが、つながらなかったという。

 県警などは、崩落した阿蘇大橋…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら