[PR]

ジャパンウォーク 障がい者スポーツ体験会の競技紹介

 陸上競技の義足にはカーボン素材の板が使用され、バネの特性があります。その反発力を受け止め、使いこなす強い筋力と高度な技術が義足ランナーには求められます。

 元陸上選手の為末大さんと共に競技用義足の開発会社「Xiborg(サイボーグ)」を立ち上げたエンジニアの遠藤謙さんは、足を切断した友人の力になりたくて、ヒト型ロボット研究から義足開発に転じました。研究の過程で「義足を履きこなす難しさを自分の体で味わってみたい」と特別な義足を考案。健常者が義足ランナーを「疑似体感」できる体験用義足が生まれました。

 その体験用義足は、竹馬に乗るような感覚で両足に装着します。バネの特性を持つ板の上に立つと、最初はバランスを取りながらゆっくり歩くことさえ難しいとわかります。地面から板を通じて伝わる反発力の感触は、義足を外した後もしばらく足に残ります。

 「どこまで速く走れるのか、科学的に突き詰めていきたい」と競技用義足の研究、改良を続ける遠藤さん。「体験を通して、一人でも多くの方が、一流アスリートとしての義足ランナーのすごさに触れてくれたらうれしい」と話しています。

こんなニュースも