[PR]

 恋の貢ぎ物は木曽川の稚アユ――。夏の渡り鳥、コアジサシが繁殖の季節を迎えた。愛知県稲沢市の木曽川河川敷で、オスがメスに稚アユを差し出し求愛する様子が見られる。同県一宮市の渡部与明(わたなべよしあき)さん(75)が、稲沢市祖父江町の河川敷で撮影した。

 県弥富野鳥園(同県弥富市)によると、コアジサシはオスが差し出した餌をメスが受け取ると、カップルが成立するという。

 渡部さんの話では、この写真のメスは、稚アユをオスから受け取ったが、見向きもしないメスもいるという。写真を撮影した河川敷付近では、5月上旬まで見られるそうだ。