[PR]

 藤沢市保健所は2日、客5人が加熱不十分の焼き鳥を食べて下痢や発熱など細菌カンピロバクターによる食中毒を発症したとして、藤沢市南藤沢の飲食店「匠」を同日付で営業禁止処分にしたと発表した。5人は快方に向かっているという。保健所によると、5人は4月21日夜に同店で焼き鳥などを食べ、23~24日に相次いで体調不良を訴えた。3人からカンピロバクターが検出された。