[PR]

 計らずも迷亭先生の接待掛りを命ぜられて無愛想な顔もしていられないから、ニャーニャーと愛嬌(あいきょう)を振り蒔(ま)いて膝(ひざ)の上へ這(は)い上って見た。すると迷亭は「イヨー大分肥(ふと)ったな、どれ」と無作法にも吾輩の襟髪(えりがみ)を攫(つか)んで宙へ釣るす。「あと足をこうぶら下げては、鼠は取れそうもない、……どうです奥さんこの猫は鼠を捕(と)りますかね」と吾輩ばかりでは不足だと見えて、隣りの室(へや)の妻君に話しかける。「鼠どころじゃ御座いません。御雑煮を食べて踴(おど)りをおどるんですもの」と妻君は飛んだところで旧悪を暴(あば)く。吾輩は宙乗りをしながらも少々極りが悪かった。迷亭はまだ吾輩を卸してくれない。「なるほど踴りでもおどりそうな顔だ。奥さんこの猫は油断のならない相好(そうごう)ですぜ。昔しの草双紙(くさぞうし)にある猫又(ねこまた)に似ていますよ」と勝手な事を言いながら、頻(しき)りに細君に話しかける。細君は迷惑そうに針仕事の手をやめて座敷へ出てくる。

 「どうも御退屈様、もう帰りましょう」と茶を注(つ)ぎ易(か)えて迷亭の前へ出す。「どこへ行ったんですかね」「どこへ参るにも断わって行った事のない男ですから分りかねますが、大方御医者へでも行ったんでしょう」「甘木さんですか、甘木さんもあんな病人に捕(つら)まっちゃ災難ですな」「へえ」と細君は挨拶(あいさつ)の仕様もないと見えて簡単な答えをする。迷亭は一向頓着(とんじゃく)しない。「近頃はどうです、少しは胃の加減が能(い)いんですか」「能いか悪いか頓(とん)と分りません、いくら甘木さんにかかったって、あんなにジャムばかり嘗(な)めては胃病の直る訳がないと思います」と細君は先刻の不平を暗に迷亭に洩(も)らす。「そんなにジャムを嘗めるんですかまるで小供のようですね」「ジャムばかりじゃないんで、この頃は胃病の薬だとかいって大根(だいこ)卸(おろ)しをむやみに嘗めますので……」「驚ろいたな」と迷亭は感嘆する。「何でも大根卸の中にはジヤスターゼがあるとかいう話しを新聞で読んでからです」「なるほどそれでジャムの損害を償おうという趣向ですな。なかなか考えていらあハハハハ」と迷亭は細君の訴(うったえ)を聞いて大(おおい)に愉快な気色(けしき)である。「この間などは赤ん坊にまで嘗めさせまして……」「ジャムをですか」「いいえ大根卸を……あなた。坊や御父様がうまいものをやるから御出(おい)でてって、――たまに小供を可愛がってくれるかと思うとそんな馬鹿な事ばかりをするんです。二(に)、三日(さんち)前には中の娘を抱いて簞笥(たんす)の上へあげましてね……」「どういう趣向がありました」と迷亭は何を聞いても趣向ずくめに解釈する。「なに趣向も何もありゃしません、ただその上から飛び下りて見ろというんですわ、三つや四つの女の子ですもの、そんな御転婆(おてんば)な事が出来るはずがないです」「なるほどこりゃ趣向がなさ過ぎましたね。しかしあれで腹の中は毒のない善人ですよ」「あの上腹の中に毒があっちゃ、辛防(しんぼう)は出来ませんわ」と細君は大に気焰(きえん)を揚げる。「まあそんなに不平をいわんでも善(い)いでさあ。こうやって不足なくその日その日が暮らして行かれれば上の分ですよ。苦沙弥(くしゃみ)君などは道楽はせず、服装にも構わず、地味に世帯向きに出来上った人でさあ」と迷亭は柄にない説教を陽気な調子でやっている。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも