[PR]

 「ちと伺いたい事があって、参ったんですが」と鼻子は再び話の口を切る。「はあ」と主人が極めて冷淡に受ける。これではならぬと鼻子は「実は私はつい御近所で――あの向う横丁の角屋敷(かどやしき)なんですが」「あの大きな西洋館の倉のあるうちですか、道理であすこには金田(かねだ)という標札が出ていますな」と主人は漸く金田の西洋館と、金田の倉を認識したようだが金田夫人に対する尊敬の度合は前と同様である。「実は宿(やど)が出まして、御話を伺うんですが会社の方が大変忙がしいもんですから」と今度は少し利いたろうという眼付をする。主人は一向動じない。鼻子の先刻(さっき)からの言葉遣いが初対面の女としては余り存在(ぞんざい)過ぎるので既に不平なのである。「会社でも一つじゃないんです、二つも三つも兼ねているんです。それにどの会社でも重役なんで――多分御存知でしょうが」これでも恐れ入らぬかという顔付をする。元来ここの主人は博士とか大学教授とかいうと非常に恐縮する男であるが、妙な事には実業家に対する尊敬の度は極めて低い。実業家よりも中学校の先生の方がえらいと信じている。よし信じておらんでも、融通の利かぬ性質として、到底実業家、金満家の恩顧を蒙(こうむ)る事は覚束(おぼつか)ないと諦(あき)らめている。いくら先方が勢力家でも、財産家でも、自分が世話になる見込のないと思い切った人の利害には極めて無頓着である。それだから学者社会を除いて他の方面の事には極めて迂闊(うかつ)で、ことに実業界などでは、どこに、だれが何をしているか一向知らん。知っても尊敬畏服(いふく)の念は毫も起らんのである。鼻子の方では天(あめ)が下(した)の一隅(いちぐう)にこんな変人がやはり日光に照らされて生活していようとは夢にも知らない。今まで世の中の人間にも大分接して見たが、金田の妻(さい)ですと名乗って、急に取扱いの変らない場合はない、どこの会へ出ても、どんな身分の高い人の前でも立派に金田夫人で通して行かれる、いわんやこんな燻(くすぶ)り返った老書生においてをやで、私(わたし)の家(うち)は向う横丁の角屋敷ですとさえいえば職業などは聞かぬ先から驚くだろうと予期していたのである。

 「金田って人を君知ってるか」と主人は無雑作に迷亭に聞く。「知ってるとも、金田さんは僕の伯父(おじ)の友達だ。この間なんざ園遊会へ御出(おいで)になった」と迷亭は真面目な返事をする。「へえ、君の伯父さんてえな誰だい」「牧山男爵さ」と迷亭はいよいよ真面目である。主人が何かいおうとしていわぬ先に、鼻子は急に向き直って迷亭の方を見る。迷亭は大島紬(おおしまつむぎ)に古渡(こわたり)更紗(サラサ)か何か重ねて済ましている。「おや、あなたが牧山様の――何でいらっしゃいますか、些(ち)っとも存じませんで、甚だ失礼を致しました。牧山様には始終御世話になると、宿で毎々御噂(おうわさ)を致しております」と急に叮嚀な言葉使をして、御まけに御辞儀までする、迷亭は「へええ何、ハハハハ」と笑っている。主人はあっ気に取られて無言で二人を見ている。「慥(たし)か娘の縁辺(えんぺん)の事につきましても色々牧山さまへ御心配を願いましたそうで……」「へえー、そうですか」とこればかりは迷亭にも些(ち)と唐突過ぎたと見えてちょっと魂消(たまげ)たような声を出す。「実は方々から呉れ呉れと申し込は御座いますが、こちらの身分もあるもので御座いますから、滅多な所(とこ)へも片付けられませんので……」

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも