[PR]

 JR東日本は4日、管内の東北・上越・北陸の各新幹線の計44駅すべてで、発車時刻などを示す電光掲示板が表示されなくなるトラブルが起きたと発表した。同日の始発から発生しているが、原因は不明で、復旧の見通しもたっていないという。

 JR東日本によると、駅やホーム、改札にある電光掲示板すべてで表示が出ない状態が続いている。遅れは生じておらず、駅員を増やして対応している。在来線では同様のトラブルは起きていないという。各駅の電光掲示板の管理は一カ所で行っており、管理システムに不具合があったとみて、同社が原因を調べている。