[PR]

 鹿児島県内最古の木造駅舎で知られるJR嘉例川駅(霧島市隼人町)に1匹の猫がすみつき、人なつっこい性格で観光客や地元住民の人気者になっている。まちおこしに取り組む団体は5日、見る人の心を癒やし、地域の魅力を発信してもらおうと、猫を「嘉例川観光大使」に任命した。

 この猫は4~5歳のオス。嘉例川地区活性化推進委員会(山木由美子委員長)が、タヌキに似ていることから、「たぬき猫 にゃん太郎」と名付けた。

 山木委員長によると、猫は昨年11月末ごろ現れた。右耳に去勢手術を受けた印があり、キャットフードを好んで食べることから、元々飼い猫だったらしい。

 住民が食べ物を与え、寝床や布…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら