[PR]

 東京地裁は6日までに、公職選挙法違反(買収)の罪で起訴された元航空幕僚長の田母神俊雄被告(67)について、弁護人の保釈申請を却下する決定をした。決定は3日付。

 田母神被告は2日、2014年2月の東京都知事選後、選対幹部と運動員5人に報酬を支払ったとして東京地検特捜部に起訴された。弁護人が2日、保釈申請をしていた。