[PR]

 子どもや自分の弁当作りで手軽に一品増やせる冷凍食品。弁当用では近年、レンジで「チン」から、そのまま「ポン」とできる商品に人気が集まっています。

 大阪市内にある大手スーパーの冷凍食品売り場。小分け入りで弁当用に使える商品が約70種類並ぶ。その約半数が、電子レンジで温めないでも弁当にそのまま入れられる「自然解凍」対応の商品だ。売り場担当者は「この2~3年で、自然解凍の商品数は2倍に増えた」と驚く。

 人気はその手軽さと調理時間の短さにある。自然解凍品は、室温約20度で2~3時間置いておくと食べられる状態になる商品が多い。味の素冷凍食品はホームページで、電子レンジで温めて冷ます手順がいらないため「弁当作りの時間を約25分短縮できる」と説明する。最初は冷たい状態なので、保冷剤代わりに弁当を冷やす役割も期待でき、夏場でも重宝しそうだ。

 自分で作ったおかずを弁当用に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも