秋篠宮家の長女眞子さまは7日、東京都千代田区の映画館を訪れ、公開が始まった映画「サンマとカタール 女川つながる人々」を鑑賞した。

 鑑賞したのは、東日本大震災で被災した宮城県女川町の復興への歩みを描いたドキュメンタリー映画。震災の年も続いたサンマの収穫祭や、基金によって冷凍冷蔵施設を建設したカタールとの絆、町づくりの中心となった若者の姿などを紹介している。乾弘明監督によると、眞子さまは鑑賞後「みなさんが前向きに生きている姿に力をもらいました」と述べたという。

 眞子さまは国際基督教大学に在学中、同県石巻市のほか、岩手県の山田町や大槌町で被災地支援ボランティアに参加。子どもの勉強を手伝ったり一緒に遊んだりした。