[PR]

 「ところが大間違さ。僕も無事に行ってありがたいと思ってると、暫(しばら)くして国から小包が届いたから、何か礼でも呉れた事と思って開(あ)けて見たら例の山高帽子さ。手紙が添えてあってね、切角御求(おんもと)め被下(くだされ)候(そうら)えども少々大きく候間(そろあいだ)、帽子屋へ御遣(おんつか)わしの上、御縮(おんちぢ)め被下(くだされ)たく候。縮め賃は小(こ)為替(がわせ)にて此方(こなた)より御送(おんおくり)可申上候(もうしあぐべくそろ)とあるのさ」「なるほど迂闊(うかつ)だな」と主人は己(おの)れより迂闊なものの天下にある事を発見して大(おおい)に満足の体(てい)に見える。やがて「それから、どうした」と聞く。「どうするったって仕方がないから僕が頂戴して被っていらあ」「あの帽子かあ」と主人がにやにや笑う。「その方が男爵でいらっしゃるんですか」と細君が不思議そうに尋ねる。「誰がです」「その鉄扇の伯父さまが」「なあに漢学者でさあ、若い時聖堂で朱子学か、何かに凝り固まったものだから、電気燈の下で恭(うやうや)しくちょん髷を頂いているんです、仕方がありません」とやたらに顋(あご)を撫で廻す。「それでも君は、さっきの女に牧山男爵といったようだぜ」「そう仰っしゃいましたよ、私も茶の間で聞いておりました」と細君もこれだけは主人の意見に同意する。「そうでしたかなアハハハハハ」と迷亭は訳もなく笑う。「そりゃ噓ですよ。僕に男爵の伯父がありゃ、今頃は局長位になっていまさあ」と平気なものである。「何だか変だと思った」と主人は嬉しそうな、心配そうな顔付をする。「あらまあ、能(よ)く真面目であんな噓が付けますねえ。あなたもよっぽど法螺(ほら)が御上手でいらっしゃる事」と細君は非常に感心する。「僕より、あの女の方が上(う)わ手(て)でさあ」「あなただって御負けなさる気遣(きづかい)はありません」「しかし奥さん、僕の法螺は単なる法螺ですよ。あの女のは、みんな魂胆があって、曰(いわ)く付きの噓ですぜ。たちが悪いです。猿智慧(さるぢえ)から割り出した術数と、天来の滑稽趣味と混同されちゃ、コメジーの神様も活眼の士なきを嘆ぜざるを得ざる訳に立ち至りますからな」主人は俯目(ふしめ)になって「どうだか」という。妻君は笑いながら「同じ事ですわ」という。

 吾輩は今まで向う横丁へ足を踏み込んだ事はない。角屋敷の金田とは、どんな構えか見た事は無論ない。聞いた事さえ今が始めてである。主人の家(うち)で実業家が話頭に上った事は一返もないので、主人の飯を食う吾輩までがこの方面には単に無関係なるのみならず、甚だ冷淡であった。しかるに先刻図らずも鼻子の訪問を受けて、余所(よそ)ながらその談話を拝聴し、その令嬢の艶美(えんび)を想像し、またその富貴(ふうき)、権勢を思い浮べて見ると、猫ながら安閑として椽側(えんがわ)に寐転んでいられなくなった。しかのみならず吾輩は寒月君に対して甚だ同情の至りに堪えん。先方では博士の奥さんやら、車屋の神さんやら、二絃琴の天璋院(てんしょういん)まで買収して知らぬ間に、前歯の欠けたのさえ探偵しているのに、寒月君の方ではただニヤニヤして羽織の紐ばかり気にしているのは、如何に卒業したての理学士にせよ、あまり能がなさ過ぎる。と言って、ああいう偉大な鼻を顔の中(うち)に安置している女の事だから、滅多な者では寄り付ける訳の者ではない。こういう事件に関しては主人はむしろ無頓着(むとんじゃく)でかつ余りに銭がなさ過ぎる。迷亭は銭に不自由はしないが、あんな偶然童子だから、寒月に援(たす)けを与える便宜は尠(すくな)かろう。して見ると可哀相(かわいそう)なのは首縊りの力学を演説する先生ばかりとなる。吾輩でも奮発して、敵城へ乗り込んでその動静を偵察してやらなくては、あまり不公平である。吾輩は猫だけれど、エピクテタスを読んで机の上へ叩きつける位な学者の家に寄寓(きぐう)する猫で、世間一般の痴猫(ちびょう)、愚猫とは少しく撰を殊(こと)にしている。この冒険を敢てする位の義俠心は固(もと)より尻尾の先に畳み込んである。何も寒月君に恩になったという訳もないが、これはただに個人のためにする血気躁狂(そうきょう)の沙汰ではない。大きくいえば公平を好み中庸を愛する天意を現実にする天晴(あっぱれ)な美挙だ。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも