[PR]

 発展途上国での日本の気象分野の支援が始まり、40年余りたつ。かつては高価な観測機器の提供が中心だったが、近年は観測技術の指導などソフト面の支援に重点が移ってきた。新たな活動を支えるのは、気象庁OBの存在だ。

 「天気予報が信頼されていない。日本では考えられないことが、この国の現実だ」

 アフリカ南部のモザンビークの国家気象院で、観測技術や天気予報の指導に関わる元札幌管区気象台長の中井公太さん(65)の実感だ。毎日2回発表する予報の判断材料の多くは、隣国・南アフリカから提供される情報に頼る。精度が低いためか国民の関心も低い。

 支援に関わって1年。中井さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら