[PR]

 米検索最大手グーグルや米ヤフー、米マイクロソフトなどを含むメールアドレスとパスワード約2億7200万件がロシアのハッカーによって盗み出されたことが、6日までに米情報セキュリティー会社の調べでわかった。ハッキングの被害としては過去最大規模の可能性があるという。

 米セキュリティー会社「ホールドセキュリティー」やロイター通信によると、最も多くメールアドレスやパスワードが流出したのが、ロシアで使われているメールサービスで20%。ヤフーメールが15%、マイクロソフトのホットメールが12%、グーグルのGメールが9%だった。

 ホールドセキュリティー社がデータの引き渡しを要求したところ、ロシア人のハッカーは50ルーブル(約80円)を要求。支払いを拒否すると、ソーシャルメディアなどで同社がこのハッカーを称賛することを条件にデータを引き渡したという。(サンフランシスコ=宮地ゆう)