[PR]

 「奇想」で知られる江戸中期の町絵師・伊藤若冲(じゃくちゅう、1716~1800)。その生誕300年を記念する回顧展が東京・上野公園の都美術館で開かれ、連日長蛇の列ができている。近年にわかに注目され、日本美術では有数の人気画家に。平成の「若冲ブーム」は頂点を迎えている。

 若冲は花鳥画や水墨画を手がけ、モザイク風の描法や独自な技法の版画にも挑んだ。その多彩な作品から主要な89点を選んだのが、今回の「生誕300年記念 若冲展」。先月22日に開幕し、今月8日現在で入場者は20万に迫るという(会期は24日まで)。

 最大の見どころは、仏画「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵(さいえ)」30幅の展示室。その理由を監修者の一人、小林忠・岡田美術館館長はこう話す。「若冲は京都・錦小路の青物問屋の当主だったが、40歳で弟に家督を譲り、画業に打ち込んだ。人生50年の当時、残りの10年で『釈迦三尊像』とそれを荘厳(しょうごん)するための『動植綵絵』を仕上げようと計画したのです」。つまり、両作品は一堂に安置されるのが本来の形なのだ。

 若冲は両作品を京都・相国寺に寄進したが、明治22(1889)年に「動植綵絵」が宮内省(当時)に献納され、それ以降は別々に保管されてきた。2007年に京都で約120年ぶりにともに展示されたが、東京で一堂に会するのは今回が初めてだ。

 「動植綵絵」は鳥や草花、魚介類から昆虫類までを濃密な色彩で精緻(せいち)に描いた花鳥画。今回、本来の形で展示されたことで、すべての命を慈しむ、信心篤(あつ)い若冲の思いがより明瞭になった。

 若冲は生前は円山応挙と並び称…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら