[PR]

 中国国営新華社通信によると、8日午前5時ごろ、福建省三明市泰寧県の山間部で大雨が原因とみられる土砂崩れが起き、水力発電所を拡張する工事の作業員宿舎などが土砂に埋まった。12人が病院に運ばれたが、同日夜の段階で41人が行方不明になっている。習近平(シーチンピン)国家主席は救助作業に全力であたるよう指示を出した。

 この地域では7日から8日にかけて局地的に24時間で200ミリ近い大雨が降った。現場に至る道路もあちこちで寸断されており、救助作業は難航している。(広州=延与光貞)

こんなニュースも