[PR]

 任天堂が映像ビジネスに乗り出す。スマートフォンアプリの開発やテーマパークでのアトラクションづくりなど、中核のゲーム開発以外の新たなビジネス展開の一環だ。君島達己社長に今後の展望を聞いた。

 ――ゲームキャラクターなどの知的財産(IP)を生かした新事業に力を入れています。4月には、米大リーグのシアトル・マリナーズの所有権の大半を売却することを発表しましたが、その収入も新事業に使うそうですね。

 「キャラクターを使う権利(ライセンス)を与えて使用料を得るビジネスなら直接お金を使いませんが、例えば映像ビジネスなどの新事業には、かなりの金額を投資しなくてはいけない。球団売却が最終的に合意できたときには、一部を使いたいということです」

 ――映像ビジネスというのは映画ですか。

 「代表的なのは映画ですが、ビデオをつくっていろんな国に出すなど、いろいろビジネスはあると思うんです。いま、いろんなパートナーと話をしています。そんなに遠くない時期に、何らかの形で確定し、やっていきたいです」

 ――過去にはスーパーマリオの実写映画もありましたね。

 「実写版は興行成績はあまりよくなかった。今回はライセンスというよりも、できるだけ自分たちでやっていきたいと、今のところ思っています」

 ――パートナーとは、ハリウッドの映画制作会社ですか。

 「例えば、そんなことです。必ずしもハリウッドなのか、どこになるかというのは決まったときにお話しできると思います。けれども、グローバルに展開できるパートナーと一緒にやっていきたい」

 ――また実写ですか。

 「前にそういうことをやっていますから、実写じゃないでしょうね」

 ――(3Dアニメ映画を手がける)ディズニーやピクサーのようなことをやっていくのですか。

 「我々はIPを持っていますから、そういったこともできると考えています。それも含めて、具体化しようと思っています」

 ――制作発表は、2016年度内ですか。

 「年度内とはっきりは申し上げませんが、具体的な話はしています。今年にお金が入ってきたら使いたいと言っているわけですから、5年先に使いますとは言えません。それよりも前に実現したい」

 ――映像は「スーパーマリオ」とか「ゼルダの伝説」でしょうか。

 「みなさんに人気のあるIPは使っていきたい。ただ、『マリオです』とは言えませんし、みなさんの親しみのあるものが出ますということしか言えません」

 ――映画化なら、特に海外で人気の高い「ゼルダの伝説」が向いているようにも思います。

 「そういう意味では、大変、求…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも