[PR]

 車窓からの眺めを楽しんでもらおうと、今年も秋田内陸縦貫鉄道(内陸線)沿線で、稲で描く「田んぼアート」が行われる。絵柄は「秋田美人(小渕早苗ちゃん)」などの4種類。見ごろは7月上旬からという。

 県北秋田地域振興局などによると、田んぼアートがつくられるのは、角館~羽後太田駅間、阿仁合~小渕駅間、前田南~阿仁前田駅間の計3区間。

 角館~羽後太田駅間には「マタギとクマ」(縦60メートル、横15メートル)、さる年にちなんだ「孫悟空」(縦40メートル、横20メートル)。前田南~阿仁前田駅間では、内陸線応援キャラクター「ないりっくん」と同公式キャラクター「森吉のじゅうべぇ」(縦20メートル、横30メートル)をセットで制作する。

 また、阿仁合~小渕駅間には、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら