[PR]

 米ホワイトハウスのローズ大統領副補佐官が、10日にインターネットで発表した内容の要旨は次の通り。

 オバマ大統領は今月下旬、G7(主要7カ国)首脳会議終了後、広島を訪問する。

 米大統領として初めてとなる、広島への訪問の可能性は、太平洋の両側で強い関心を呼んできた。

 最近のケネディ駐日大使やケリー国務長官の広島訪問に鑑みて、大統領が広島を訪れる適切な時期だと信じている。

 27日に大統領は、原爆投下の犠牲となった街の中心地にある広島平和記念公園を訪れ、遺跡の重要性と、そこで起きた出来事を共に思い起こす。彼は第2次世界大戦末期に原爆使用を決定したことを再考するためではなく、我々が共有すべき未来についての前向きなビジョンを示すであろう。

 この訪問により、大統領はとてつもなく破壊的な戦争による犠牲者にスポットライトを当てる。

 もちろん米国は国や世界にとって極限の危機において犠牲となった、国の指導者や第2次世界大戦に従事した兵士を絶えず誇りに思う。この訪問は戦争中に亡くなった全ての罪のない人の追悼を行う機会となるだろう。

 大統領の広島訪問は、核兵器の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも