[PR]

 アフリカ原産で、極めてがんになりにくいとされるハダカデバネズミからiPS細胞を作ることに、北海道大や慶応大などのチームが成功した。10日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に論文を発表した。がん化しにくいのが特徴で、iPS細胞を使った再生医療の安全性向上につながる可能性があるという。

 北大の三浦恭子講師らのチームは、ハダカデバネズミの皮膚からiPS細胞を作り、性質を調べた。

 その結果、ヒトやマウスの細胞から作ったiPS細胞ではそのまま移植するとがんができるのに対し、ハダカデバネズミのiPS細胞はがんを作らなかった。

 遺伝子を解析したところ、ハダカデバネズミのiPS細胞では、がん化を防ぐ特定の遺伝子が働いていたほか、細胞のがん化を引き起こすがん遺伝子も変化して働かないようになっていた。また、iPS細胞になる過程で、がん化しにくいものだけが生き残ることもわかった。

 三浦講師は「今回の成果を応用することで、より安全にiPS細胞を作る方法の開発につながる可能性がある」と話している。

<アピタル:ニュース・フォーカ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら