[PR]

 東京都内で、乳児をおんぶした母親の自転車と乗用車が衝突し、乳児が死亡する事故が起きた。便利だが、一歩間違えば命の危険も伴う自転車。子連れで乗る時、何に気をつければいいのだろうか。

 東京都国分寺市の住宅街を貫く片側1車線の幹線道路。バスやトラックが行き交う場所で、6日午前10時ごろ、事故は起きた。

 警視庁小金井署によると、近くに住む母親(33)が7カ月の男児を背負い、自転車で横断歩道のないところを横断中に、狛江市の介護職員女性(25)の乗用車と衝突。男児は背中からは落ちなかったが、母親が倒れた際、頭を打ちつけたとみられる。ヘルメットはしていなかった。自転車に大きな損傷はなく、母親も軽傷という。

 署は、乗用車の女性を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕。東京地検立川支部は8日、処分保留で釈放した。

 事故を巡り、ネット上では「赤ちゃんをおんぶして自転車に乗るのは非常識」といった批判も。だが、署は「男児を背負って自転車を運転していたことに法的な問題はない」とする。乗車人員などの規則は都道府県によって違うが、都道路交通規則は、16歳以上がバンドなどで6歳未満の幼児を背負って乗ることを認めている。

 都市部では、移動に欠かせない自転車。どうやって安全に乗るのか、親たちの悩みは尽きない。

 現場近くで、1歳7カ月の長男を抱っこして保育園から帰る途中だった薬剤師の女性(31)は「ひとごととは思えない」と話す。事故当日、友人たちとLINE(ライン)で「怖いね」「母親の後悔を思うと胸が痛い」とやり取りしたという。

 長男が生後半年になった頃から自転車に同乗を始めた。車はあるが、ペーパードライバーで運転には不安がある。かかりつけの小児科は自宅から徒歩約20分。自転車なら10分だ。「熱を出すとぐずってベビーカーも嫌がる。後ろは見えなくて不安なので、抱っこで乗ったこともある」

 妊娠8カ月の今は自転車を控え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら