[PR]

 レンタルソフト大手のゲオホールディングス。スマートフォンや動画サイトの普及でレンタル商品の売り上げが低迷し、売上高は前年より0・9%減った。一方で好調だったのが衣料や家具などの中古品販売。とりわけ、中古の携帯電話は、故障時の代替需要や「格安スマホ」の人気もあって販売が急増。昨年は携帯電話専門店「ゲオモバイル」を都市部で開店するなど、力を入れている。担当者は「中古品への抵抗を感じない若年層が増えている。レンタルビジネスは縮小しているが、携帯事業を新たな柱に据えたい」。

こんなニュースも