[PR]

 「くしろチューリップ&花フェア」が近く開かれる北海道釧路市の鶴ケ岱(つるがだい)公園で、約500本のチューリップがエゾシカに食い荒らされた。公園は住宅地の中にあり、関係者は驚いている。

 同公園には約1万4300本のチューリップが植えられ、28~29日にフェアが開かれる。昨年のフェアには約3万8千人が訪れた。

 フェアを主催する「釧路チューリップフェア実行委員会」によると、今月6日にチューリップの新芽が食べられているのが見つかり、花壇にエゾシカが侵入した跡があった。エゾシカの食害はこれまでなかったといい、釧路市公園緑化協会が新たに植え替えた。

 実行委は花壇の近くにラジオを置いて24時間音を出し、エゾシカが花壇に入らないようにしているという。(佐藤靖)