[PR]

 英国のエリザベス女王が10日、中国の習近平(シーチンピン)国家主席が昨年秋に訪英した際の中国側の振る舞いについて「非礼だった」と述べ、波紋を広げている。代表撮影していたテレビカメラのマイクが拾った。

 女王は10日にバッキンガム宮殿で開かれたガーデンパーティーで、習主席一行の警備を担当した警察幹部を紹介されると「まあ気の毒に」と述べ、周囲の笑いを誘った。さらに、この幹部から中国側が英側との打ち合わせの際に「訪問はやめだ」と退席したエピソードを聞き、「彼らはとても非礼だった」と応じた。

 公には政治的発言をしない女王が私的な会話でのぞかせた「率直さ」に、宮殿の広報官は「中国の公式訪問は非常にうまくいった」とフォロー。ハモンド英外相も「双方に若干の緊張はあったが、二国間関係が強まった」と述べた。

 中国外務省の陸慷報道局長は11日の定例会見で「中英両国の外交団は多大な努力をし、このことは双方が高く評価している」と訪問の成功を強調する一方で、「だれがその映像を流したのか当事者に聞くべきだ」といら立ちを見せた。(ロンドン=渡辺志帆、北京=倉重奈苗)