[PR]

 4月16日未明に起きた熊本地震の「本震」で、60メートル以上地滑りで動いた建物があった。中にいた夫妻は激しい揺れに襲われたが、けがはなく、朝になってから事態に気づいたという。

 斜面で地滑りが頻発した熊本県南阿蘇村河陽(かわよう)。16日未明、池田道也さん(62)と妻の祐代(ますよ)さん(61)は別荘で就寝中だった。2人は熊本市のマンション住まいだが、14日夜の「前震」後、被害がなかった別荘に避難していた。

 「バリバリ」「ガンガン」。爆発するような音を聞いた。建物ごと跳ね上がり、30秒ほど激しく揺れて照明が落下した。体は起こせなかったという。

 揺れが収まり、祐代さんがベッドから降りると床が傾いていた。「すべり台にいる感じ」。それでも、「地滑りだとはまったく思わなかった」と道也さん。

 玄関ドアを開けると先に続く階段がない。ただ、別荘自体は窓ガラスも割れず、別荘前の道路は残り、車も無事だった。繰り返す余震が怖く、2人で道路に座って夜明けを待った。

 午前8時すぎ、高台に避難しようと斜面を登り始めた。振り返って見下ろすと、自分たちの別荘を含む付近の5棟が流されている。2人が地滑りにあったと気付いたのは、この時だった。

 現地調査した防災科学技術研究…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら