[PR]

 東京・羽田空港で11日、敷地内に犬4匹が入り込んでいるのが見つかり、計10便に着陸やり直しなどの影響が出た。1匹は同日夜に捕獲されたが、12日正午時点でも残り3匹は敷地内の草地にいて、国土交通省東京空港事務所が捕獲方法を検討している。この日の便への影響は出ていない。

 事務所によると11日午後3時45分ごろ、A滑走路に近い誘導路付近に犬がいるのを、管制塔で勤務していた管制官が見つけた。このため、午後4時すぎに大分から着く日本航空の1便が着陸をやり直した。出発する9便には最大10分の遅れが出た。

 その後、約1時間にわたり犬を見失ったが、午後7時半すぎうち1匹を捕獲。残り3匹は、12日正午時点でC滑走路脇の草地にいることが確認されている。事務所職員が監視しながら、捕獲方法を検討している。

 羽田空港には高さ3メートルを超える赤外線センター付きのフェンスがあり、ゲートは警備員が24時間態勢で監視している。ただ、4匹については、どこから入り込んだのか分かっておらず、事務所はフェンスに切れ目がないか確認している。事務所担当者は「これまで犬の侵入は聞いたことがない」と話している。