[PR]

 菓子メーカーのモンデリーズ・ジャパンは、山崎製パン子会社から販売を引き継ぐクラッカー「リッツ」「プレミアム」、クッキー「オレオ」について今後の事業戦略を発表した。9月からはアジアなど海外でつくった製品を販売する。

 3製品はこれまで「ヤマザキナビスコ」が国内で製造販売してきた。8月末で商標を持つ米モンデリーズ・インターナショナルとの契約が切れるため、その後はモンデリーズ・ジャパンが扱う。オレオは中国、リッツはインドネシア、プレミアムはイタリアにある米モンデリーズ社の工場で製造し、販売する予定だ。パッケージは大きく変えないが、オレオとリッツの味は改良するという。