【動画】名人戦第3局を約1分で振り返る
[PR]

 1勝1敗のタイで迎えた第74期将棋名人戦七番勝負の第3局は、挑戦者の佐藤天彦八段(28)が得意戦法で羽生善治名人(45)を破った。互いに長考を繰り返す、名人戦らしい濃密な勝負が展開された。

 佐藤の手は、なかなか盤上に伸びなかった。

 うつむいたり、扇子をパチパチと鳴らしたり。時にため息をつきながら、思索にふけっていた。

 12日午後4時53分、8四の飛車をつまみ、34手目△5四飛を着手。攻めを急がず、敵陣の中央にじっと狙いをつけた。1手前の▲7五同歩が指されてから、2時間9分が経過していた。

 前日、東京から鹿児島に移動した際に乗った飛行機のフライト時間よりも長い大長考。一体、何を考えていたのか。

 佐藤は「△2八歩と激しく攻める手もある。色々な局面を読んだが、それぞれの形勢判断が難しかった。納得いくまで掘り下げたかった」と振り返った。

 △5四飛を見た羽生も考え込ん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら