[PR]

 東京都の舛添要一知事が13日に記者会見した際の、主なやり取りは次の通り。

     ◇

 ――政治資金の収支報告書を訂正・削除し返金する。政治家としての責任をどう考えるか。

 「(週刊誌報道で)指摘された点は、報告した通り。しかし、こういう疑惑をもたれるということは政治家として恥ずかしい。深く反省し、二度とこのようなことがないようにする。都民のために今まで以上に働き、東京を世界一の街にする。そのために全身全霊で打ち込みたい」

 ――私的な会食が誤って政治活動として記載されたのは、会計責任者のミスとの説明だった。どういう事務作業なのか。

 「私はどんな買い物をしても領収書をもらう。分かりやすく言うと、箱が二つある。政治活動のために使う文具などは、政治資金から出る。個人の金は、例えば30万円とかプールしておいて、(支出は)そこから出す。そうすると、会計責任者は両方の領収書を処理する。政治活動の領収書ならば、政治団体の判子を押すという形。政治資金の箱と私個人の箱をやり取りする作業。人間なので100%ミスがないということはない。ミスがなるべく起きないシステムに変えたい」

 ――自宅近くの飲食店によると、知事に白紙の領収書を渡したという証言がある。事実関係は。

 「白紙というのは、宛名がないということ。金額が入っていないことはない」

 ――ホテルの費用は、家族と泊まった部屋で会議をしていたということか。

 「2014年1月2日は、数日後に知事選に手を挙げた。ただ、正月休みで子どもたちに(旅行を)約束していた。会議が1時間だったか2時間だったかははっきりしないが、公約はこうしよう、推薦してくれる政党との関係はこうしよう、と。13年の正月は、2週間くらい前に総選挙で大惨敗し、その敗戦処理をしないといけなかった。政治活動のつもりだが、誤解を招いたので記載を訂正して返金する」

 ――都知事の職は続けるのか。

 「全力を挙げて都民のために働…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも