[PR]

 新緑の杜の都ににぎわいを呼ぶ「仙台青葉まつり」が14日、始まった。仙台市内の中央通りなどでは、おはやしに合わせて祭連(まづら)と呼ばれるすずめ踊りの団体が「そーれそーれ!」と声をかけながら跳びはねた。

 鮮やかな水色のはっぴ姿で舞ったのは、仙台市の祭連「伊達衆一ノ座」。先頭を切って踊った泉区の砂川亜有美さん(27)は7歳の時から毎年参加しているという。「お客さんに笑顔になってもらえるのがうれしい。踊るのはやめられない」と目を細めた。

 15日には、甲冑(かっちゅう)を着た武者隊や山鉾(やまぼこ)、みこしが市内を練り歩く「時代絵巻巡行」がある。(川北真以)